「肌が荒れた場合はファンデなしの方が良いのでしょうか?」
「ファンデなどのメイクは肌に悪いのでしょうか?」
こういった質問をされている方も少なくありません。

肌が荒れた場合、ファンデなしの方が肌荒れ悪化予防に効果的なのです。
ファンデというのは、肌に厚い布を被せたものだと思ってもらって結構です。
厚い布に細かいパウダーや粒子があり、塗るたびに毛穴に溜まります。
きちんとクレンジングすれば問題ないのですが、毛穴に溜まった汚れを落とさないと、皮脂分泌が正常に行われなくなるのです。

すると、肌荒れやニキビなどの肌トラブルを生じてしまいます。
こうなると、ますます厚塗りになってしまい、肌にとってはダメージがどんどん大きくなります。

肌が荒れている原因は、皮脂分泌の異常または乾燥の場合が多いです。
皮脂分泌異常の場合は、ファンデするのであれば油分が少ないパウダータイプを使用することをオススメ。
ナチュラルメイクでもOKな場合は、ファンデなしで化粧下地(紫外線効果のあるもの)+コンシーラー+ルースパウダーでOKです。

乾燥する場合は、スキンケアの際に保湿力のある化粧水や美容液を使用することをオススメします。
ファンデを塗る前のスキンケア段階で肌が乾燥していると、ファンデのノリは良くないしすぐにカサつき感が出てきます。
これは、スキンケアできっちり保湿できていないからです。

ファンデなどのメイクは、クレンジングをきちんと行っていれば問題ないのです。
しかし、クレンジングを疎かにしていると、肌に対してのダメージは非常に大きいものなのです。

試合は最後までといいますが、スキンケアも最後の最後まで手を抜かないことが美肌を保つポイントなのです。

「10代はファンデなしの方が良いのでしょうか?」
「ファンデなしの場合、ベースメイクはどうすればいいのでしょうか?」
こういった悩みを抱えている方も多いようです。

10代といえば、大人の女性になりたいという欲望が沸く頃。
ですが、若い世代には若い世代なりの魅力というものがあるのです。

それは素肌というもの。

若い世代はホルモンバランスの乱れも少なく、皮脂分泌が過剰になることも少ないため、素肌が綺麗。
そのため、わざわざ厚塗りのファンでをするとお面を被っているように変な印象を与えてしまいます。

若い世代はファンデなしのナチュラルメイクをすることをオススメします。
ナチュラルメイクのポイントは、基本的なスキンケアを大事にすること。
洗顔→化粧水→乳液という習慣は行っておくことは大切ですね。

次に、ベースメイクについてですが、素肌を活かした超ナチュラルメイクがオススメ。
方法としては、フェイスパウダー→(コンシーラー)→ポイントメイク(チークとリップのみでOK)というもの。
ファンデーションを使わずに、フェイスパウダーで肌のツヤ感を出すのがポイント。
薄塗りを意識してください。

肌の凹凸が気になるときには、下地を使ってもいいかもしれません。
シミやくすみなどが気になる場合は、コンシーラーで部分的に軽く隠す程度でOK。
チークは頬の1番高い部分にふんわりと塗りましょう。
リップクリームは軽く塗り、健康的な唇に魅せるのがポイントです。

「ファンデなしでアイメイクだけするのは変ですか?」
こういった質問をされている方も少なくありません。

ファンデを塗ると肌に透明感&立体感が生まれ、綺麗な肌を見せることができるのですが、肌へのダメージは大きいのです。
というのも、ファンデには油分が多く含まれているため、暑い夏場は過剰な皮脂分泌や肌乾燥を招きやすく、すぐにヨレてきたりします。
また、クレンジングをしないと、肌の中に皮脂がどんどん詰まっていきニキビや肌荒れを引き起こしやすくなります。
そのため、熱い夏場はファンデなしのポイントメイクだけで済ませている方も多いようです。

ですから、ファンデなしでアイメイクをしている方も多くいます。
ファンデなしだからといって、基本的なスキンケアをしていないというわけではありません。
洗顔→化粧水や美容液→乳液やクリーム
というスキンケアを行って、コンシーラー→ポイントメイクをするというもの。

コンシーラーは肌のシミやニキビなどを隠すだけでなく、肌の立体感やハイライト効果を生ませる効果がある便利なアイテム。
素肌はそのままで気になる部位だけコンシーラーで隠すことで、ナチュラルメイクの完成なのです。

それでも肌の色が気になる場合は、仕上げにベビーパウダーなどを少々塗るだけでOK。
これだけでもいいのですが、チャームポイントを入れたいためにポイントメイクをする方が多いです。
自分の好きな部位を注目してもらうために、ポイントメイクをするのです。
ですから、目に自信がある方はアイメイクをすると効果的。
全部にポイントメイクをする必要はないのです。(全部の部位を行うと厚ぼったく感じるだけです)

「ファンデなしでお出かけすることになりました。ポイントメイクならどこをするといいでしょうか?」
こういった質問をされている方も少なくありません。
ここでは、ファンデをしない場合のポイントメイクについて紹介します。

ノーファンデメイクというのは、今流行りつつあるメイク方法。
すっぴんに近い綺麗な肌で、なおかつ肌にダメージがほとんどないメイク方法です。

ノーファンデといっても、基本的には化粧水&乳液で保湿対策をきちんとして、日焼け止め&ポイントメイク&ベビーパウダーで仕上げるという方法。
暑い夏場では、ノーファンデでも日焼け止めはきちんと塗っておくことが大切です。
日焼け止めアイテムは、塗るだけで毛穴引き締め効果があるので夏場にはオススメ。

ポイントメイクは、チーク、目元、リップなど部位だけメイクをすること。
青白い顔でお悩みならピンク系のチークで明るく、また地黒が気になる方なら健康的に見えるオレンジ系を選択することで、より肌になじんで自然に顔色をよく見せることができます。

アイシャドウは、マット系かつ暖かい色を選ぶと肌に馴染みやすいです。
パウダータイプがオススメ。

アイライナーは、芯は柔らかいものを選び、手に力を入れず、まつ毛の生え際を埋めるように描くのがポイント。
マスカラは、ダークブラウン系がオススメ。
リップは、口角のラインを数ミリ上げることで頬の 筋肉が引きあがったように見せることができます。

全部行う必要ありませんが、気になる部位にだけメイクすると違った自分の魅力を発見するかもしれません。

「ファンデなしでチークをしても大丈夫でしょうか?」
「ファンデをせずにチークをしても綺麗に見えますか?」
といった悩みを抱えている方も少なくありません。

ファンデーションは肌に立体感&透明感&綺麗さを導いてくれる一方、肌にダメージは大きい。
クレンジングをしないと、普通肌からオイリー肌や乾燥肌などの肌質に変わっていったり、肌荒れしやすくなったりするのです。
ファンデーションは効果も高いが、ダメージも大きいということなのです。

そこで、最近では、自分の素肌を活かしたナチュラルメイクが流行っています。
ナチュラルメイクというのは、スキンケアをしたらファンデなしでポイントメイクをするというもの。
ナチュラルメイクのよさは、自分の素肌の綺麗さをアピールできることなのです。

若い世代は素肌が綺麗なのでもちろんのこと、熱い夏場でも厚ぼったく感じを与えないため男性にも好まれているメイクです。
チークやアイラインなどポイントメイクをするだけで、素肌を活かしたメリハリある印象を与えることができるのです。
ですから、質問されているようにチークだけのポイントメイクでも十分綺麗に見えます。

チークは、ルースパウダー(お粉)やベビーパウダーを塗ってから行うと熱い夏場でもヨレません。
また、夏場は紫外線対策も必要なので、事前にUVカットのアイテムを使用しておくことは大切です。

【チークの色について】
●ピンクのチーク
若くて可愛らしい印象を与えたい場合はピンク色がオススメ。

●コーラルのチーク
肌色に馴染みやすい安定タイプ。

●ブロンズのチーク
仕事をする際にオススメのメイク。

基本的に薄塗りを心がけて置くことが大切です。
チークだけだとややのっぺら感があるかもしれません。
そのため、リップ&アイラインも同時にポイントメイクしておくとメリハリが付きます。

「ファンデなしでメイクする場合、どうすれば一番可愛く見えますか?」
こういった質問をされている方も少なくありません。
ここでは、ファンデなしでメイクする場合のポイントを紹介します。

●下地とルースパウダーやベビーパウダーのみにする
ファンデーションと違って、ルースパウダーやベビーパウダーの場合、厚塗りではなくティッシュを重ねた程度の薄塗りになります。
ですから、肌にも低刺激で暑い夏場でも厚ぼったく感じません。
ベビーパウダーは汗疹やただれ防止効果があり、肌トラブル時でも安心して塗れるのでオススメ。
パウダータイプは余分な油分もしっかり吸収してくれるため、皮脂詰まり予防にも効果的。

●チークのみにする
ニキビなどの肌トラブルがない時は、ファンデは不要。
ファンデをすることでかえって肌トラブルを起こし易い肌質に変えてしまいます。
チークの入れ方のコツは頬骨に沿って、どちらかというと斜め縦に入れるイメージで筆を動かします。
シャープでキリッとした顔つきが演出できます。
ビジネス系ではオレンジ系がオススメ。
遊び系やかわいい系ではピンク系がオススメ。

●肌色の日焼け止めをファンデ代わりに塗る
夏場は日焼け止め対策は必須。
今ではファンデ代わりになる日焼け止めアイテムがあるので、そちらでカバーして粉で覆うのもいいかもしれません。

他には
●ポイントメイクを濃い目にして肌の濃淡を出す
●目元に太いアイライナーをくっきり引く
●アイシャドウを少し濃い目につける
●リップを塗り健康的に見せる
などポイントメイクで差をつけるとメイクをしていなくても不自然な印象を与えません。

ファンデなしなら、メイクは化粧下地だけでもした方が良いのでしょうか?
ここでは、ファンデなしでのメイク方法を紹介します。

暑い夏場ではファンデを塗らない場合の方法で重要なのは、日焼け止めを塗ることが大切。
これでシミやそばかすをしっかりカバーしてくれます。
最近では、化粧下地に紫外線カット機能があるものもありますので、説明書をよく見てください。

実際、ファンデなしの方がクレンジングの後に毛穴目立ちが少なくなったという方が多いようです。
毛穴の汚れが溜まらないから、ニキビなどの肌トラブルもなりづらい。
だから、次もファンデーションで厚く塗る必要が無いのです。

ファンデ派の方は、きちんとクレンジングしないと汚れがどんどん溜まっていきます。
その汚れを隠そうとして、ファンデはどんどん厚塗りに。
すると、肌はファンデなしでは見せられないという悪循環に陥る可能性があるのです。

素肌に自信がある方は、ファンデなしの方がオススメです。
ファンデなしの場合、化粧で崩れるということがほとんどありません。
また、化粧直しの際も、少し顔がテカッているぐらいで直すのも非常にラク。
ティッシュで軽くオフして、コンシーラーで気になる部分を直すだけ。
仕上げにルースパウダーを軽くポンポンするだけで、綺麗な肌に早代わり。

基本的にファンデなしといっても、化粧下地&コンシーラー&ルースパウダーは必須と思ってください。

「社会人でファンデなしはマナー違反なのでしょうか?」
「最低限必要なメイクは何なのでしょうか?」
社会人は学生と違って、一般の大人として対応されます。
「一緒に働いていてもおかしくない。」、「大人としてきちんとしている。」、といったような雰囲気を与えることが大切です。
それゆえ、学生の頃で通用していたメイク方法も大人社会では通用しない場合があります。
ここでは、社会人にとっての最低限のメイクマナーを紹介します。

ベースメイクは基本的にマットな感じで仕上げることが大切。
仕上げにルースパウダーなどのお粉をふってテカリもしっかり予防しておきましょう。
肌の色ムラや赤みも元気のない印象を与えてしまいます。
なので、カバーしたい部分だけにファンデーションをポンポンと叩き込むといいです。

ファンデーションを全体で厚くカバーすると、若い方にとっては綺麗な素肌を汚しているのと同じです。
ナチュラル感を出しながら、薄くファンデをするのがポイントです。
場合によっては、ファンデなしの化粧下地&ルースパウダーで仕上げるのも自然な仕上がりになって効果的です。

ニキビやシミがある方は、ファンデは必須。
ファンデでしっかり整えて清潔感を見せることも大人としてのマナーです。
すっぴんで会社に行くというのは、マナー違反どころか社会の常識もないと思われるので注意してください。

社会人はポイントメイクも必須です。
きちんと自分の肌を整えているかを見るだけで、仕事の管理能力や普段の清潔感や社会人としての常識が分かるのです。
マユはやや太めで軽いカーブだと引き締まって見えます。
マユはビジネスメイクでは必須です。

目の印象を強めたい場合は、アイシャドーを黒目の上だけ幅広に入れると引き締まって見えます。
アイラインとマスカラはナチュラルを意識してください。

チークは口紅と同色系の薄めで肌に近い色がベスト。
健康的かつ若々しい顔立ちに見せることができます。

リップはグロスは少しで(中央に軽く塗る程度で)、リップライナーで輪郭を整えることが大切。

大人としてのメイク方法は学生とは異なってくるので、注意してください。